教科書ガイドの選び方を簡単解説【中学生の教科書ガイドはコレだけでOK】

教科書ガイドの選び方 勉強

中学生の子供の家庭学習に役立つ「教科書ガイド」。

ただ、教科書ガイドってどうやって選べばよいのかな?
と悩んでいませんか?

私も高校生と中学生の子供がいますが私の教科書ガイド購入の悲しい経験も含めて親目線で教科書ガイドの選び方をお伝えします。

中学生の教科書ガイドの選び方

教科書ガイドを買う時に
本当に必要なのかな?買っても意味ないのかな?
と悩んでいませんか?

もちろん親が中学生の子供に買ってあげるのは簡単ですが、やはり活用できなく無駄になってしまっては親としては悲しいですもんね。

実際に私も娘に教科書ガイドを買ってあげてるのですが、そこで思う事や必要性、買う教科の選び方をお伝えしますね。

教科書ガイドは全教科買わなくてOK!

中学校の教科って主に

国語

数学

英語

理科

社会

なんですが、全ての教科の教科書ガイドをすぐに購入しなくても大丈夫です。

もちろん、全教科パーフェクトを目指したい中学生のお子さんは、全ての教科教科書ガイドをまんべんなく勉強できるとは思うのですが、
やはり、部活や学校生活、友達付き合いも忙しい中学生にとって「全教科完璧な予習復習」ってなかなか難しいと思います。

実際うちは長女が中学1年になった時、私ははりきって娘の教科書ガイドを5教科揃えました。

ですが、実際使ってくれたのは限られた教科のみ。
他の教科の教科書ガイドはほとんど開く事なく中学卒業を迎える事になりました。

せっかく購入したのに全然使用されなかったなんて悲しいですよね。

教科書ガイドの教科の選び方

教科書ガイドは何度も言うように全教科買う事はありません。

教科書ガイドの教科を選ぶ時は

苦手教科を克服する

得意教科を伸ばす

この二つを考えましょう。

何の教科を必要かを考えてから教科書ガイドを選ぶ

ただお子さんによって得意と不得意教科は全く変わってくると思いますので、初めはまず「何の教科に力を入れるのか」を考えて中学生の子供に必要な教科の教科書ガイドを買うようにしましょう。

ただ私的にハッキリお伝えすると教科書ガイドは英語と国語のみで大丈夫だと思っています。

こちらの記事には私がおすすめする教科が書いてありますので後で参考にしてみてください。

>>>中学生に教科書ガイドをおすすめする理由【教科書ガイドは必要?】

ただ、あくまでも子供によって必要な教科が違ってきますので簡単に私の必要度が高いと思う順番でお伝えしますね。

教科書ガイドの英語は絶対に必要

教科書ガイドの英語は私が一番必要性が高いと断言できます。子供に英語を小学校から習わせている方も多いですよね。

ただ、一番は小学校で習っていた英語がそのままずっと反映されていくわけではないという事です。

小学校の授業や英語教室で習う英語は「楽しく英語を話そう」という段階ですね。

それとはガラッと変わって中学校からの英語は単語の暗記はもちろんの事「日本語訳」と「英語の本文」を両方理解して暗記する必要が出てきます。

ですので小学校の頃に英語を楽しくならっていたのに中学に入ったら「英語に苦手意識を持ってしまった」という中学生もいます。

苦手意識を持たないための英語の教科書ガイドがとってもおすすめです。

英語の教科書ガイドについてはこちらの記事に詳しく書いてありますので参考にしてくださいね。

>>>教科書ガイドの英語が中学生に超おすすめ!【英語の成績アップ】

国語の教科書ガイドはあって損はない

国語の教科書ガイドは理解力が深まります

国語って不思議な教科で、全然勉強しなくても良い点数がとれる子もいれば、必死に勉強しても良い点数をとれない子と真っ二つに分かれるようです。

それは、やはり小さい頃からの読書で文章の理解力などで変わってくるとは思いますが、やはり日本人なら国語は得意教科にしておきたいですよね。

国語のテスト勉強は範囲の漢字と音読はもちろんの事、教科書の内容にそってポイントを詳しく説明してくれているのでとてもわかりやすくできています。

実は国語って「教科書ガイドを参考にしながら問題を作る先生もいる」という事を聞いたのでうちは買う事に決めたのと、国語は得意な方なので私も娘も国語の点数だけは落としたくないなという気持ちがあり買うようにしています。

数学が苦手な中学生の予習と復習

数学の予習復習をしたい人にはおすすめ

数学は一度つまづいてしまうとどんどん嫌いになっていく教科ですね。

小学校からの基礎がずっとつながっているので、一度つまづいたら次もわからない、次もわからない、こういう風に先が全てわからなくなってしまうという教科です。

数学で大事なのが教科書の基礎問題は全て理解できていないとテストでは良い点数はとれないので、そういった意味で教科書の内容を詳しくわかりやすく解説してくれている数学の教科書ガイドは優れているんだと思います。

「今日の授業少しわからなかったな。もう一度家で復習しよう」

という復習に役立つと思います。

社会が苦手な中学生の根本理解のための教科書ガイド

社会を根本的に理解するためにはおすすめ

社会は主に地理、歴史、公民に分かれますが教科書ガイドもそれに添って分かれています。

歴史は好きだけど地理は苦手という子が多いですよね。

基本的に社会は暗記科目です。

よく学校から配られるワークを丸暗記すればテストは80点以上は普通にとれると言いますが、これが落とし穴かなと思います。

うちの娘は社会と理科の暗記科目が大の苦手で「嫌いな教科」なんですが「丸暗記する」って簡単に言っても問題の根本を理解していないと限界があるんです。

授業の根本や問題の根本、何を質問しているのかという基本が理解できていないと暗記しようがないんですよね。

そういった意味で根本を理解するという教科書ガイドにそって復習していくのも大事なのかなと思います。

理科が苦手な子のための根本理解のための教科書ガイド

理科の苦手を克服するためにおすすめ

理科も社会と同じで、どちらかというと暗記科目です。

この理科もテストの前に学校がらのワークを丸暗記すれば良い点数がとれるという事もありますが、基本的にそれだけでは限度があります。

ですので、根本を理解するために理科の苦手を克服したい中学生の予習復習には教科書ガイドの理科はあってもいいのかなぁと思います。

中学生の教科書ガイドの必要性と選び方まとめ

教科書ガイドはその子の苦手科目や伸ばしたい教科に絞って買うのをおすすめします。

ぜひ、中学生のお子さんに合った教科書ガイドの教科を選んでくださいね。

中学生の自宅勉強のプラスアルファに

子供って親が思ってるようになかなか勉強してくれませんよね。

子供なりに部活や遊びなど忙しいとはわかっているものの、ついつい
「勉強しなさい」
って私も毎日のように言ってた時があります。

ただ、中学生だとまだ実際に効率の良い勉強方法や自分に合った勉強方法ってわからないんです。

子供が無理なく効率よく自分らしく勉強できるようにサポートしてあげる。
親の役目はそれだけでOK。

スタディーサプリはパソコンかスマホがあれば気軽に子供が勉強できる動画で学ぶ勉強方法です。
教科書や教科書ガイドで勉強にプラスアルファの動画勉強を入れてあげると右脳も活性化して子供が自ら自分に合った勉強方法をみつけやすくなります。

こちらの記事でも紹介しています

>>>スタディサプリはコスパ最強【簡単にコスパ最強勉強法を試す方法】

\ 今なら14日間無料で試せる /

「 スタディサプリ 」

ぜひ今人気の勉強方法のスタディーサプリも試してみてくださいね。